· 

【Jackery ポータブル電源 700 レビュー】 炊飯器・クッカー同時使用でカレーライスを作れるか検証した。

 車中泊での釣行に備え、ポータブル電源 Jackery 700を購入(定格出力500W・瞬間最大出力1000W)。レトルトカレーを温める事は全然問題ないでしょうが、実際調理(炒める・煮る・炊く)する様な料理に耐えれるのか、また炊飯器(375W)・クッカー(350W)を同時に使用できるか?などを検証してみました。

 

*余談ですがYouTuberをしていますのでJackery700は重宝しています。GoProのバッテリーを6ケで運用しているので、約6時間録画できますが、1日中もしくは連泊での撮影では充電が必須。また4Kカメラ、ドローンも使っていますので、それらのバッテリー充電ではJackrey700は余裕です。

右から

 

Jackery ポータブル電源 700

(定格出力500W・瞬間最大出力1000W)

 

タイガー炊飯器(3合)JAJ-G550-HA

(100V/375W)

 

NTSトラベルクッカー 自動電圧切替鍋

(100V/350W)

 

 * 商品詳細は、最下段にリンクを貼っていますのでご確認下さい。

Jackery ポータブル電源 700 について

 

● Jackery Incは2012年にAppleの元バッテリーエンジニアにより米国シリコンバレーで設立されました。最先端の研究開発および製造の専門知識を積み重ね、2015年に世界初のリチウムポータブル電源を開発しました。また、JVCケンウッド社と戦略的に組み、冒険家にエコなアウトドア用の電源ソリューションを提供するよう努めてまいります。

● Jackery ポータブル電源 700 には、大容量194400mAh/700Wh、純正弦波を採用しており、定格出力500W、瞬間最大出力1000W、スマホ、タブレット、ノートパソコン、ゲーム機などの充電はもちろん、比較的消費電力の高いポータブル調理器具、掃除機、扇風機、電気毛布やミニ冷蔵庫などの電気製品にもお使いいただけます。

● AC出力、USB出力、DC出力などのポートを搭載して、どこでも手軽に給電できる家庭用蓄電池です。コンパクトかつ長持ちで、キャンプや車中泊はもちろん、災害時の備えとしても注目されています。

●業界最長2年の保証:ポータブル電源には、長い保証期間をご用意しています。万が一何か問題がございましたら、お申し付けくださいませ。

Jackery Japan ホームページより

Jackery 700 評価ポイント

【評価ポイント1】

炊飯器とクッカー同時利用可能か?

Jackery 700の定格電力500Wに対して、炊飯器とクッカーの定格電力の合計725Wなので途中で落ちないか・・・左にOutput電力が確認できるのでその推移の確認。

 

【評価ポイント2】

カレーライス完成させるためのバッテリー消費%

充電満タンで100%。なん%消費されるかの確認。

 

【評価ポイント3】

カレーライス完成までの時間

 

評価ポイント1. 炊飯器とクッカーの同時利用は可能か?

左記(上記)の動画(Jackery700 評価 消費電力推移)

の通り、消費電力は、MAX 744Wまで消費しましたが、落ちる事なく最後まで行けました。


評価ポイント2. 完成させるためのバッテリー消費%

左記(上記)の通り、36%の消費でした。3回はきついですが、2回はできそうです。

 

 

評価ポイント3. 完成までの時間

43分少々で出来上がりました。

カレーの方が先にできあがり、そのままの時間が、炊飯に掛かった時間になりました。

 

ちなみにお米は、1合です。

カレーは、お肉・野菜を炒めて、水を投入。煮えた段階でルーを入れて、とろみがでるまで弱火で煮ました。

結論

Jackery700で、炊飯しながらの炒め物・煮物は可能です。

今回の検証結果に満足しているので、次回は車の中で調理してみます!

 

この検証で、1泊程度でしたらJackery700で良いと思いますが、複数泊する場合は少し厳しいかもしれませんので、現地で充電できる様、ソーラーパネル(Jackery SolarSaga 100)も評価してみたいと考えています。

* 3合炊きが欲しかったので、定格電流(375W)が高くなりましたが、1.5合炊きの製品でしたら定格電力も120Wもありました。(例 たけるくん)

フォトギャラリー